北海道のハローワーク

就職試験において、まずは筆記があります。ここでは一般常識問題などが主で、あとは論文形式で志望動機などを書くということもあります。次に面接があるのですが、一次、二次、場合によっては三次四次となる場合もあります。面接回数というのは企業によって異なりますので、事前に確認しておく必要があります。何次まであるかによって、そこで聞かれる質問内容も異なってくることがあります。たとえば一次では、自己PRや志望動機を聞かれることが多く、それ以降の面接ではまた違うことを聞かれます。たとえば応用的な受け答えが必要となる場合もありますし、また、自分らしさあふれる回答を求められることもあります。どちらにしても、面接官はその会社に必要な人材であるかどうか、ふるいにかけるためにおこなっていますので、きついことを言われることもあります。臨機応変に受け答えすることが重要になってきます。自己PRなど、自分のこともまとめておくのは重要です。